カラフルなデザインが制作可能

のれんの種類や技術

のれんと言えば伝統的な藍色の物が、有名です。
王道の色をしたのれんもオススメですが、店舗やイベント会場にて個性を
上手く発揮したい場合は、カラフルなデザインにしましょう。

レッドやブルーやグリーンといった色彩豊かなのれんが、今では制作可能となりました。

イベント会場の企業ブースに設置するならインパクトが強いレッド系がオススメです。
赤色系統のカラーには情熱的な印象を醸し出す効果があり、成長を続ける組織というイメージを演出出来ます。

数多くの企業が集まる大型イベントに向けて、のれんを看板代わりに制作してみるのも良い販促活動となります。

ブルー系統ののれんは清涼感を効果的に演出出来るのが利点です。
夏のイベントや屋台、移動販売車などに最適なカラーです。涼しさの演出

断熱性の高い素材を使えば炎天下の中でも涼しい空間を、上手く野外でも作り出せるでしょう。
青色系統ののれんを使えば、来場者に爽やかで誠実な印象を与えられます。
アイスクリームやソフトドリンク、冷たい食べ物を販売する屋台や移動販売車に最適です。

若々しいフレッシュな雰囲気を自然体で作り出せるのもブルー系のれんの効果であり、新装開店をした店舗にもピッタリです。

緑系統のデザインは自然や和風をイメージ

グリーンカラーののれんには、自然を連想させる効果があります。
環境に優しい雰囲気を醸し出せますので、色々なシチュエーションで活躍する物です。

断熱性の高いグリーン色のれんを店舗に設置すれば、外から入り込む熱気を上手く減らせます。
冷暖房をフル稼働させなければならない夏場こそ、断熱性の高い素材は役立ちます。
新しい物に取り換える事で、太陽光や外気温の悪影響を受けづらくなります。

室内が涼しくなれば冷房の設定温度を柔軟に変更出来ますので、光熱費が下がり、
店舗のランニングコストも上手く圧縮出来るでしょう。

そしてイメージカラーの通り、自然を大切にし、環境に優しい店舗となります。

緑色ののれんには和風な雰囲気を醸し出す働きがあり、和菓子を販売するお店やお茶、
伝統的な着物や服飾小物や雑貨を販売する専門店の入り口にピッタリです。緑ののれんのイメージ

インバウンド特需が注目される日本ですが、外国人観光客を上手く誘致するためには、
和風な雰囲気を一目で分かるレベルにまで醸し出す事が大事です。

明るい黄緑色の物を使えば、春先に芽吹く草木を連想させられますし、深緑色の物なら
荘厳で格式高い高級な印象を上手く醸し出せますので、お店のコンセプトで選ぶのがオススメです。

© 2014-2020 アジアンのれんを楽しむ